検証!シストレ売買シグナル攻略FX日記

売買シグナル、シストレの攻略FX日記。 システムトレード、売買シグナルでどこまで稼げるかの記録

2020年05月

スワップ取引とは

スワップ取引とは、あらかじめ決められた条件に基づいて、将来の一定期間にわたり、キャッシュ・フローを交換する取引である。金利スワップ同一通貨のキャッシュ・フローを交換する取引で、固定金利と変動金利を交換する取引が代表的なものである。この取引における金利に係る元本は想定元本と呼ばれ、実際には交換されず、単に利払金額を算定するための名目的なものである。円の金利スワップは特に円円スワップと呼ばれる。また、変動金利同士を交換するスワップ取引はベーシス・スワップと呼ばれる。通貨スワップ円とドルなど、異なる通貨のキャッシュ・フローを交換する取引をいう。外貨建債権・債務の為替リスクのヘッジなどを目的として行われる。通常は、金利の交換のみならず、取引の開始及び終了時点で元本の交換も行われるが、元本の交換を伴わない通貨スワップを特にクーポン・スワップと呼ぶ。為替スワップ直物為替と、反対方向の先物為替とを組み合わせたスワップ取引をいう。クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)定期的な一定金額の支払と引替えに、特定の企業に関して一定の信用事由として規定された事由の発生があったときに一定の方法による決済を行うことを約束するもの。信用リスクとリターンを第三者に移転させるものであり、保証に類似する。トータル・リターン・スワップ(TRS)定期的な一定金額の支払と引替えに、特定の債権に関するリスク(信用リスクに限らない。)とリターンを移転させるものである。ローン・パーティシペーションに類似する。例えば発行済み株式数1億株の銘柄で現在100円の株式を上限300円と想定して10年で10%買い集めるよう契約を結び、10年で30億を支払うことを約する契約。この場合被依頼者側は30億円より安く調達できれば全て利益になる(300円以下で調達できなければ全て損害となる)一方で、依頼者側は現在の市場価格より割高であっても10%の調達が保証されるメリットがある。エクイティースワップ片方または両方のキャッシュ・フローが株価、あるいは株価指数に連動しているスワップ取引。

オプション取引

オプション取引とは、ある原資産について、あらかじめ決められた将来の一定の日または期間において、一定のレートまたは価格(行使レート、行使価格)で取引する権利を売買する取引である。原資産を買う権利についてのオプションをコール、売る権利についてのオプションをプットと呼ぶ。オプションの買い手が売り手に支払うオプションの取得対価はプレミアムと呼ばれる。対象となる取引によって種類が異なる。代表的なものは次のとおり。通貨オプションキャップフロアカラースワプションデジタルオプション

ブログ

売買シグナル、シストレの攻略FX日記
システムトレード、売買シグナルでどこまで稼げるかの記録